2020/06/22 11:42



6月20日の世界難民の日に合わせ、寄付つきマスクの6月上半期分の売上から、1枚につき200円の募金を国連UNHCR協会 緊急支援へ募金させていただきました。

ご購入いただきましたお客様へは領収書が届き次第、データにてお渡し致します。
(5月分の売上の一部は日本赤十字社への寄付を予定しております)





兆-KIZASI- MADE WITH JAPANは国連UNHCR協会の活動に賛同しています。
デザイナーの兆-kizasi-は2018年から難民問題を学び、積極的に発信し続けています。


紛争や迫害によって自国から逃れざるを得なくなってしまった人々は毎年増え続け、"難民"と呼ばれる人々の数は2019年、7950万人を超えました。日本の人口の半数以上です。
そして今年はコロナウイルスの脅威にも晒されています。綺麗な水で手を洗うこともソーシャルディスタンスを取ることもできないようなキャンプ地もあるそうです。


私達が今すぐできることは、この現状を知り、考え、伝えること、そして余裕があれば募金するなどです。
環境問題や人種差別、難民、児童労働などの社会問題はまず自分ごととして捉えることが解決の一歩となると私達は思います。


兆-KIZASI- MADE WITH JAPANはファッションやアート、音楽を通して発信し続けていきます!


UNHCR 世界難民の日イベントの今年のテーマは「観て・聴いて支援」です。
6月20日(土)より、WILL2LIVEムーブメントが始まりました。

世界の難民・避難民を新型コロナウイルスから守る支援を呼びかけ、共感の輪を広げる配信型の音楽・映画イベントを開催しています。





この機会に、難民問題に関心を持ってみるのもいいかもしれません。


UNHCR WILL2LIVE ムーブメント 2020


2020.06.22
兆-kizasi-